2011年07月15日

エコキュートの故障。

2006年12月竣工のお宅の

日立ハウステック(現ハウステック)製の

エコキュートがお湯を出そうとすると

ピピピ・・・、というエラー音とともに

リモコンにエラー番号611が。

対応に伺ったのが夜9時だったこともあり

メーカーのサービスに連絡が取れず

また、このメーカーのサイトをみても

過去モデルの取り説のダウンロードや

エラーコードの解説は見あたらず

やむなくお客様に翌日の対応にさせていただきました。

翌朝、メーカーに連絡を取る前に、

再度伺って、エコキュートのタンクのカバーを

外すと、大量の水滴が。

Isoekosyuri1

この件を、メーカーの修理担当に伝えると

タンクから漏れた水蒸気だとのこと。

もともと611エラーは、お湯と水の混合弁の故障を

表すエラーで、リモコンのリセットで回復しない

時は、有償の弁交換となるのですが、

今回タンクからの水蒸気漏れは

パイプの接続部のパッキンの不良によるもので

これは、メーカーも把握していたらしく

今回の故障修理はすべて無料でしてくれる

ことになりました。

パッキン、混合弁、電子基板すべて交換して

試運転のやり直し含めて約1時間半の作業でした。

Isoekosyuri2

これで、施主様にこれからも安心して

エコキュート使ってもらえます。



posted by hiro at 15:05| Comment(0) | オール電化 | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

IHクッキングヒーターの故障

2005年の5月に竣工したお宅の

IHクッキングヒーターが故障したとの

連絡をいただきました。

即、修理手配しましたが、

引き渡しから6年弱での故障ということになります。

この機種、タカラスタンダード製の

システムキッチンのセット品で、メーカーは日立です。

不具合の内容は、天板にある操作部分の

反応が鈍いまたは誤作動があるというものでした。

以前、別件の修理対応できていたメーカーの

担当者にIHの故障について尋ねた際、

教えてもらった故障例そのままでした。

現在も、ローエンドの機種は

天板に操作ボタンがあるものが

多いので、これからもこういった故障の

ケースはでてくると思います。

今回の修理対応としては、

操作部分の基盤交換で、出張費込みで

2万円弱の修理代でした。

実は、昨年の夏にも

2003年に設置した日立製のIHが故障したとの

連絡を受けました。

このときは、お客様が直接メーカーとやりとりなさって

くださったので私に詳細が届かなかったのですが

おそらく同じ症状だったのかもしれません。

この2件は、いずれも設置後5年を経過した

後での操作パネルの故障ですので

5年を過ぎた日立製IHで、操作ボタンの表面が

破れたりはがれかけてるようなときは

近いうちにこの部分のアタッチメントの

交換が必要になるかもしれません。

posted by hiro at 20:56| Comment(0) | オール電化 | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

祝!初!トリプルワイドIH!

先日太陽光をつけた友人から、IHの相談を受けていたので、私だったらこれにする!と、常々思っていたパナソニック電工のトリプルワイドIHをお勧めしたところ、気に入っていただけて、土、日で施工させていただきました。

   

で、取り扱い説明に、当社で取り扱っているヨシノクラフトの鍋とフライパンを使って、肉じゃがを作り、鮭と、目刺しを焼いて、揚げ物の説明に、かき揚げを作りました。

Tw1 トリプルワイドはほぼ一面フラットなので、加熱時以外は全面作業スペースとして充分に使えるのが、とってもいい!

   

もうひとつのとってもいい!は、加熱中に、お鍋やフライパンの、それぞれの手前で、材料を切ったり置いたり、そのまま盛り付けたり、と、加熱中はほぼ動かなくてOk!なこと。

  

またまた、とってもいい!!は、お鍋やフライパンの柄が手前にはみ出してこないので、コドモが危なくないこと。

うちでは、赤ちゃんを抱っこして加熱していると、フライパンの柄を引っ張ろうとして危ないのが、赤ちゃんの手が届かないくらいまでで、収まっているので、触ろうともしなかったw

トリプルワイドIHはこちら

   

ちなみにヨシノクラフトのお鍋は、多層鍋で10年保証つき。蓋には特許取得の部品がついています。

ヨシノクラフトさんとの契約店しか扱えないために、売りっぱなしではなく、売ったところは必ず、実際に調理をしながら、取り扱い説明をします。

様々なレパートリーがあり、お鍋どうしを重ねてオーブン調理もできるスグレモノなのです。

ヨシノクラフトはこちら

このお鍋は、中身が沸騰したらピーッと音がするので、うちの子はよく、「お鍋がなってるよ~」と、教えてくれます。

この、蒸気穴を塞ぐと、低圧力鍋に早がわり!

油不要、調味料も最低限で、素材の味を活かした、とても美味しいお料理が仕上がります。

   

さて、パナソニックさんの得意の、IHの温度管理でのかき揚げも、あっという間にかりっと仕上がりました。

揚げ油に新聞で蓋が出来るので、周りもさほど汚れることもなく、タネも出来上がったものも、揚げ鍋の手前にがんがん置けるので、「こんなに簡単に揚げ物が出来るなら本当にいいねぇ~」と、実感していただけました。

帰宅後にその友人から届いたメールには、2歳のお子さんが、かき揚げをとても気に入って、たくさん食べてくれた、ということでした。みんなの笑顔が浮かんで、私も嬉しくなりました。

    

今度は、お手入れの仕方を説明しに、また一週間後にお邪魔させていただくことになっています。

次は何を作ろうかなぁ~^^w

posted by hiro at 01:01| Comment(0) | オール電化 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。